旅スルおつかれ様 ハーフタイムツアーズ クラブツーリズム×テレビ東京

旅カタログ申し込み
4/1放送

奥の細道を訪ねて 第1回 芭蕉ゆかりの深川

<番組動画>

<企画・実施>

このツアーでは松尾芭蕉に焦点を当て、芭蕉が何を伝えようとしたのか?全15回シリーズに分けて芭蕉の足跡を忠実に追います。

『月日は百代の過客~』の序文で有名な紀行文『奥の細道』。このツアーでは松尾芭蕉に焦点を当て、芭蕉が何を伝えようとしたのか?全15回シリーズに分けて芭蕉の足跡を忠実に追います。
松尾芭蕉は江戸深川より「奥の細道」の旅へ出発し、仙台堀川に浮かぶ船に乗り、2400キロに及ぶ壮大な旅へ出かけました。大垣でのゴールは涙を流される方もいらっしゃいます。
学び・感動・仲間作りが沢山詰まった知的好奇心を満たす旅へご一緒に踏み出しましょう!

こんなツアーです

・全15回のシリーズ旅
・約600里(2400キロ)に及ぶ芭蕉の壮大た旅の足跡をたどります
・全工程専属歴史講師が同行
・毎回、オリジナル資料を進呈
・ナビゲーターの話が耳に届くガイディングレシーバー付き
・参加者全員に旅の足跡が残せる記録帳を差し上げます

旅の楽しさが一層広がる説明会も開催いたします。
詳しくはこちら
※外部サイト(クラブツーリズム)にジャンプします

出発月 2019年9月~10月
旅行日数 日帰り
出発地 東京23区
目的地 東京都
交通機関 徒歩
食事 朝食:0回/昼食:1回/夕食:0回

旅行代金 おひとり様

¥5,980

詳細・予約はこちら

※ご旅行の予約は上記ボタンからお願いいたします
 外部サイト(クラブツーリズム)にジャンプします
※記載の旅行代金は、2019年06月26日時点のものです
※空席やツアーの実施可否、旅行代金についてはリンク先でご確認ください
※ツアーが終了している場合があります

こちらのツアーもオススメ

江戸城なるほどウォーク

¥6,280

詳細はこちら

日本列島旧石器時代発見の地・岩宿遺跡と東日本最大の前方後円墳・太田天神山古墳 日帰り

¥

詳細はこちら

世界遺産・宗像大社・角島大橋・元乃隅稲成神社 写真に収めたい!感動アルバム10景 3日間

¥39,900~¥69,900

詳細はこちら

往路は五島列島まで飛行機で!はじめての五島列島縦断4日間

¥120,000 ~ ¥265,000

詳細はこちら

ご朱印旅 「群馬・宝徳寺」「古峯神社」「国宝・鑁阿寺(ばんなじ)」非公開エリア特別拝観

¥

詳細はこちら

続100名城 上州真田三名城へ 「岩櫃城跡」「沼田城跡」「名胡桃城跡」日帰り

¥15,000

詳細はこちら

旅の見どころ

1年半以上をかけて2400キロを一緒に歩いてみませんか?

本ツアーでは、芭蕉の足跡を忠実に追っていきます。「奥の細道」がスタートしたのは江戸深川。そして、栃木県の日光、宮城県の松島、岩手県の平泉とわたり、山形県から石川県、福井県を通って、岐阜県の大垣に到着します。その総距離は、なんと2400キロ! この壮大な旅を一緒に楽しんでみませんか?

解説を聞きながら俳句と景色を楽しむ

全15回には、松尾芭蕉に明るい専属の歴史講師が同行します。歴史的背景を解説してもらいながら、芭蕉と曾良が歩き見てきた景色を、長い年月を超えた今、その目で見てみましょう。「夏草や兵どもが夢の跡」という句を詠んだのは岩手県の平泉。彼らが詠んだ句とともに、名所を観光するときっと忘れられない思い出になることでしょう。約7割はお一人様でのご参加。芭蕉好きの仲間と親しくなる機会もたくさんあります。

ネギとアサリをぶっかける深川めし

第1回目となる今回は、「古池や 蛙飛び込む 水の音」の句を詠んだ清澄庭園や、芭蕉が旅に出るまで住んでいた採茶庵跡などを回ります。そして、お昼を食べるのは、割烹みや古さん。ネギとアサリをご飯にぶっかけて食べる深川めしをご堪能いただきます。作家・池波正太郎が通ったと言われる深川めしの味わいを、ぜひお楽しみください。

番組で紹介されたツアーに参加できます

奥の細道を訪ねて 第1回 芭蕉ゆかりの深川

日帰り

東京都

¥5,980

詳細・予約はこちら

※ご旅行の予約は上記ボタンからお願いいたします
 外部サイト(クラブツーリズム)にジャンプします
※記載の旅行代金は、2019年06月26日時点のものです
※空席やツアーの実施可否、旅行代金についてはリンク先でご確認ください
※ツアーが終了している場合があります

担当者から

奥の細道・松尾芭蕉について精通したナビゲーターが全コース同行し、歴史の説明を行います。学びながら旅を楽しめます。

●『奥の細道』原文・現代語訳の資料と見学地の詳しい説明が記載されているオリジナルレジュメを進呈します。

●最終回では『奥の細道』の原本である素龍本「西村本」をご覧いただきます

ツアー担当者:丹治 祥子

こちらのツアーもオススメ