旅スルおつかれ様 ハーフタイムツアーズ クラブツーリズム×テレビ東京

旅カタログ申し込み
3/29 BSSP放送

【中止】左岸・マス席から見る「長岡まつり大花火大会」と津南ひまわり・清津峡2日間

<番組動画>

日本三大花火のひとつ、長岡まつり大花火大会!

※2020年の長岡花火大会は中止となりました。
ご予約キャンセル等のお問合せはクラブツーリズムまでお願いします。こちらから
※外部サイト(クラブツーリズム)にジャンプします

毎年8月2日・3日に開催され、「慰霊と復興」の願いが込められています。圧倒的なスケールの大きさを誇り、さらに豊富な種類の花火を最後まで堪能!

大迫力の花火を快適にご覧いただけます。
クラブツーリズムの専用マス席ゾーンの前方2マス目から5マス目を確保しています。
※ 1マスの定員は50名となります

旅行日数 1泊2日
目的地 新潟県

こちらのツアーもオススメ

清里高原の一軒家レストランで創作フレンチ 八ヶ岳倶楽部ゆったり90分滞在と清泉寮<おひとり様も歓迎>

詳細はこちら

山口が誇る開湯約600年の長門湯本温泉へ2連泊 老舗高級旅館「大谷山荘」新オープンの「星野リゾート 界 長門」3日間

¥157,000 ~ ¥166,000

詳細はこちら

最北の花園と絶品海の幸 利尻島・礼文島 3日間<GoToトラベル事業支援対象>

詳細はこちら

旅の見どころ

眼前で繰り広げられる最高峰の花火大会を夏の思い出に

日本三大花火大会の中でも最高峰との呼び声高い「長岡まつり大花火大会」。2日間で打ち上げられる花火の中には、直径が650メートルに及ぶモンスター級の「正三尺玉」があります。さらに、音楽と花火の競演が楽しめるのも、この花火大会の楽しみのひとつです。ぜひ夏の思い出づくりに、ご家族やご夫婦、友人、カップルでご参加ください。

長岡まつり大花火大会は“復興”の象徴

「長岡まつり大花火大会」が初めて行われたのは昭和22年8月1日。その2年前が、戦争による空襲で大惨事となった日でした。同花火大会の前身は「長岡復興祭」。まさに、復興を目指す長岡市民のために行われていたのです。時を超えて、現在は令和。今でも復興を象徴する「復興祈願花火フェニックス」が打ち上げられ、目玉となっています。

新潟の夏を感じる観光スポットをめぐる

2日目は観光スポットをめぐります。津南では、約4ヘクタールに50万本のひまわりが咲き乱れる夏の風物詩を観賞。また、境内に7つの滝が流れる見玉不動尊、十日町の清津峡渓谷トンネルで、涼を取り、夏を感じていただきます。

担当者から

目の前で繰り広げられる大迫力の花火をお楽しみください!

観覧場所は、信濃川河川敷の「クラブツーリズム専用・マス席(左岸)」での花火観賞となります。河川敷の土のグラウンドに、ビニールシートを敷いたスペースにお座りいただきます。

ツアー担当者:吉澤 祐美

こちらのツアーもオススメ