旅スルおつかれ様 ハーフタイムツアーズ クラブツーリズム×テレビ東京

旅カタログ申し込み
3/25,26放送

宝を探して任務を遂行せよ!東海道五十三次・日本橋から小田原へ 歴史をひも解く宝探しの旅

<前編>

<後編>

歴史ある東海道五十三次を、江戸の旅人と共に宝探しをしながらコミカルにご案内します。

街道だけでなく、江戸時代の行楽地として人気だった江の島への寄り道や、老舗でのお食事など、お楽しみたくさん!劇団員とともに各所での任務を遂行し、隠された合言葉を完成させてゴールの小田原で待つお殿様へ書簡を届けましょう!個人では味わえないワクワクを体験できます!

旅行日数 日帰り
目的地 東京都/神奈川県

こちらのツアーもオススメ

海に浮かぶ明治の人工要塞「第二海堡」へ 猿島島内散策と海軍カレー

¥20,000

詳細はこちら

普段見られないダムの裏側を特別見学!秩父3ダム巡りとダムカレーの昼食<おひとり様も歓迎>

¥20,000

詳細はこちら

旅の見どころ

五街道の出発地、日本橋

江戸時代、全ての道の起点となったのが日本橋です。今回のツアーでは、日本橋から9番目の宿があった小田原までを楽しみます。日本橋から始まり、品川、川崎、神奈川、保土ケ谷、戸塚、藤沢、平塚、大磯、小田原という順番です。箱根駅伝を見ている人はイメージしやすいかもしれません。

信仰と観光の地として人気だった江ノ島

宿場以外にめぐるのが、江の島にある江島神社。現代は旅の目的と言えば、観光がほとんどでしょう。しかし、江戸時代は観光目的だけで旅をするということはほとんどなく、「信仰」が目的のひとつでした。日本橋から2日くらいで来られる江ノ島は当時人気で、江島神社をお参りする人は多かったようです。

江戸時代の船宿をイメージしたおそば屋でランチ

今回のツアーのゴール、小田原。小田原城があり、城下町として栄た宿場です。お昼ご飯は、日本橋を出発して4番目の宿場町「保土ヶ谷宿」に佇む老舗『桑名屋』自慢の八割そばをご賞味いただきます。まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような外観。江戸時代の宿場をイメージして作られたんだとか。

担当者から

思いを馳せながら、街並みの風景をお楽しみいただきたいと思います。

江戸時代の名残を今も感じられる品川の宿場町や、庶民の参詣の地として人気を誇った江の島など、現代でも散策していて楽しい場所を、江戸時代の旅人は、どんな景色を見ながら、何を楽しんで旅をしていたのか、そんな事に思いを馳せながら、街並みの風景をお楽しみいただきたいと思います。

ツアー担当者:小巻 絢乃

こちらのツアーもオススメ